FC2ブログ

お気に入りblog更新情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  アダルトブログランキングへ
スポンサー広告 | [--------(--) --:--:--] | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

出会い系で若い女性をゲット体験

「私の部屋でお茶にします?でも私、大きな声出ちゃうから
いけないことしないでネ」といいます。意味ありげな言葉。
誘っているのは判りました。「それじゃ、ラブホにするか。」
若い子は積極的です。私の着ている物を脱がせると、自分も脱いで
「大きくしてあげるネ。」舌を使って、フェラします。
ピチャピチャ、イヤらしい音をたててなめまくります。
久しぶりにビンビンにそそり立ちました。
「ほら、すぐに大きくなったネ。私、上に乗るのが大スキなの。」
硬く長くなったものを唾液にぬらして、腰を浮かせて押し込めます。
「ああああぁぁ、気持ちいい。」右手は胸に、左手は膝にして
腰を回転させます。うつろな表情にはあどけない子供の顔です。
「ちょうどいい。大きさも長さも、硬さも好き」
そのうちに、ユカの愛液が私の太ももに垂れ出してきます。
「ユカ、なんかヌルヌルするぞ。」触ると肛門の周りまでビチャビチャです。
「この指のヌルヌルはユカの愛液なんだ。なめちゃえ。」
「いやぁ、はずかしい。感じる?」
「あぁ、よく締まっているぞ。」
「若い子ってすぐに行ってしまうから。ユカのことイかせてくれる?」
「ああ、バックが好きだから…。」
四つん這いにして、ピチピチのお尻をさすりながら、強く弱く突きました。時
折、回転も加えると腰を振って喜びます。両手はシーツを力いっぱいにぎりしめ、
イくのを我慢しています。「もういっていい?」「早すぎるよ。」「でも、
いっちゃう。あぁ、いっちゃう。あああああぁあぁぁ」
しばらくの静寂の後「いっっちゃったの?」「うん。いっっちゃった。」
そこで今度はさらに激しく腰を突きたてます。親指はお尻の穴に。
「だめ、また行きそう。ああああぁぁぁ。またいく。はあはあはあはあああぁぁ。」
「もうだめ、頭がおかしくなりそう。2回も行ったの。もう感じない!」
「試してみようか?」3回目のアクメを感じたことがないらしく、右手をクリちゃん
に回して、ユカのお尻をわしづかみにして腰を振ります。
「感じる。気持ちいい。あああーあぁ。こんなの始めて。もっとして。」
ユカは声をあげて腰をこねこね振ってきます。私も付き立てます。
「クリちゃんが、クリちゃんが気持ちいい。また、また、いっちゃう。」
そして勝手に3回目もいってしまいました。
「ユカは本とに大声なんだ。」
「私に、ピッタリ。大きくてもダメ。長くてもダメ。スキ。」フェラを
してきます。まだ元気な私は、69でユカのクリちゃんを攻めまくります。
「ほしいの。ねぇ」今度は正常位でつきます。
「バックもこれも気持ちいい。スゴーイ。」私が腰を振るたびに
ピチャピチャ音がします。えびそりになってイくのを我慢するユカの顔は
ゆがんでいます。「イかないの。精液を飲ませて-ェ。」
そこまで言ってくれるユカが可愛くなって、「おおおおぉぉ」
熱い精液を口内に発射。ごくごく飲み干し、最後の一滴まで吸い取って
くれます。「ユカ何回イったかわからない。10回はいったよ。」
今度は、ユカがTバックとガータを私がバイブを用意して、楽しみます。
スポンサーサイト


  アダルトブログランキングへ
出会い系 | [2011-09-14(Wed) 00:40:54] | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント:
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密の体験告白 All Rights Reserved. Powered By FC2.
skin:*cuteblog*    まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。