FC2ブログ

お気に入りblog更新情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  アダルトブログランキングへ
スポンサー広告 | [--------(--) --:--:--] | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

体験告白・出会い系で知り合いセフレ関係

 以前から登録していた出会い系サイトで、気になったプロフの女性にアポ取り。
ストレートに「電話で話して、気が合えば逢いませんか?」とメッセージを送信。

程なくして返信が来る。そこには出会い系ではあり得そうにない、
メールアドレスが書かれていた。これは、まさか美人局
私はそんな不安もあったが、とりあえず彼女の携帯メールに直接送信。
すぐ返信が届き、暇で誰か食事に付き合ってくれる男性を捜していたとの事。

メールで逢う約束をして、すぐに待ち合わせの場所に向かった。

 約束の午後7時、・・・彼女は来ない。

 「なんだ冷やかしだったのか・・・」
 メールを送ってみるが、返信はない。
 メールのやりとりと展開から彼女はくるだろうと思っていただけに少しショックであった。

 7時5分を過ぎ、そろそろ引き上げようと思った頃、
白いシャツにグレーのスカート、白い鞄を肩から提げた
彼女が待ち合わせ場所に向かって前から歩いてきた。
 
 メールに書かれていた通りの格好をしているが、「かわいい。」
 女子アナの平井理央は言い過ぎだが、彷彿させる女性だ。
 これまでなぜか巨漢で不細工な女性ばかりと会って
いただけにかえって驚いてしまい、にわかには信じられなかった。
 彼女は時間に遅れてきたこともあり周囲をきょろきょろと
見回している。
 「どうしよう。」
 「人間違えだったらみっともないぞ。」
 勇気を振り絞って声を掛けてみる。
 すると、メールの彼女であった。
 それから食事を済ませ家まで送っていった。
 本当はこのままホテルに誘いたかったのだが、こちらも
食事に誘っていた手前なぜか切り出しにくく、家の前まできて
「また会いたいので電話番号を教えてくれ!」と懇願すると
簡単に電話番号を教えてくれた。
 「じゃぁ、また!」と今日は紳士に返ろうとしたとき
彼女から突然「キスして!」
 「えっ?」
 据え膳食わぬは男の恥
 「いっただっきまーす!」
 キスをしながら「したい」とお願いすると、彼女はコックリ
うなずいた。
 そのまま、車を走らせホテルへ直行。
 「こんなに上手く行っていいのかな?」と内心不安になる。
 ひょっとして美人局
 ベッドに入ってからの彼女はもっとすごかった。
 胸が小さいのがコンプレックスのようだったが、「かわいい
おっぱいだね。」とほめると彼女は嬉しそうに微笑んだ。
 そして、私の全身ををなめまくったのである。
 さらに、「欲しい!バックから・・・」とお尻を高く突き上げ
私を挑発。
 気がついたら、朝まで寝ないでヤリまくっていた。
 彼女は単にセックス好きの女の子だった。
 それからというもの、毎週金曜日彼女と朝までセックスを楽しんでいる。
 セフレの関係なのだ。
 まさか出会い系で、金銭目的でない、またこんなにごく普通の女性が
 セフレなんて信じられないが現実なのだ。
 今度機会があれば是非投稿写真に挑戦したいと思っている。
スポンサーサイト


  アダルトブログランキングへ
出会い系 | [2011-09-24(Sat) 18:37:12] | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント:
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密の体験告白 All Rights Reserved. Powered By FC2.
skin:*cuteblog*    まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。