お気に入りblog更新情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  アダルトブログランキングへ
スポンサー広告 | [--------(--) --:--:--] | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

嫁とAVを見ながらエッチ

昨夜は嫁にav見ようと誘う。
初めは拒否してたけど、じっくり見始める。
内容は二人の男性のモノをじっくり舐め回すフェラシーンから。

何も言わずじーっと見入ってる様子。
ジュポジュポ激しくしたり、舌で先っぽを
チロチロ舐めたり気持ち良さそう。

俺は堪らず背後から自分のモノを押し付けた。

av女優が膝まづいて激しく口をピストン運動したり、
唾液を垂らしてまたいやらしく舐め回す。

それを観てるうちに俺のモノが段々硬くなってきた!
嫁の手を俺のモノに押し当てる。

ゆっくり指先で刺激してくる嫁。
だけど何も言わず視線はavを観たまま。

やがて一人目のav男は激しくしごかれて
女優に大量ザーメンを顔射。

顔にザーメンをつけたまま二人目の
モノをばっくり咥えて、また顔射!

俺も我慢できなくなってきたが、嫁の
ブラカップと密林に指を差し込んでみる。

嫁の密林はすでに洪水しているのだった。

嫁の背後から抱きつきながら、左手指は乳首。
右手は密林の中。既にぐっしょり濡れてヌルヌルになっていた。

クリの上で指を滑らすと、溜まらず喘ぎ声を上げる嫁。
更に激しく指攻めすると、グチュグチュと嫌らしい音が響く。

「エッチな音がするよ。いつからこんなだったの?」
嫁はもう悦楽に浸っているようで、終止ハアハア言っている。

「ちょっと電気消す・・・」そう言って部屋の明かりを消す。
今度は立ったまま、また背後から抱きついてクリと乳首同時攻め。

密林の奥は更にグチュグチュになって濡れ滴っているようだ。
太ももをギュッと締めて、指がこすれるようにしてくる。

「俺のも触って・・」
そう言うと、躊躇することなくパンツに手を入れてモノをしごき出す。
さらに指先でカリ首あたりを攻めてくる。
やばい、すでに先走り汁がどんどん出てくる。

しばらく愛撫し合う二人。しかし嫁は最早立っていられないようで、しゃがみ込もうとする。
俺も我慢できず「avの人みたいに舐めて」とお願い

嫁は何も言わずパンツを下げてモノを握るやいなや、ゆっくりくわえ込む。
さすがに目線は合わせてこないが、AVで見たフェラテクで舐め回す。
カリ首、裏筋、先っぽを丹念に舌先で舐め回したかと思うとジュポジュポとフェラ
ねっとりとした舌が絡みつく。
嫁はフェラしながら自分でクリを弄り、オナニー状態。

気持ちよすぎる。堪らん。手コキされながら、舌先でカリ首を舐められてた時、
もう我慢できず「でる、でちゃう。ごめん」と言ったその時、射精してしまう。
手の平でザーメンを抑えようとしたが、脈を打つ度にザーメンが嫁の頬に!

お互い、初めての顔射。
べっとりと嫁の頬についたザーメンがさっきのAV女優みたいでエロ過ぎだった。

しかしAVみたいにお掃除フェラはなくて、ティッシュで拭き拭き。
その後の始末が結構面倒なプレイであった。
これなら口内射精かお掃除フェラでフィニッシュの動画の方が良かったと思うのであった。

その後、嫁はまだ逝ってなかったので、ティッシュでザーメンを拭いた後、
指でクリ攻めして、逝かせるのであった。


スポンサーサイト
  アダルトブログランキングへ
エッチ体験告白 | [2011-10-31(Mon) 22:00:00] | Trackback:(2) | Comments:(6) | [編集]

嫁と久しぶりのエッチ

数週間ぶりに嫁とした。
深夜1時過ぎだったけど、誘ったらもう直ぐに嫁も火がついた。
乳首を触ればもうコリコリ。声も漏らす。
いつも以上に敏感に反応。

嫁の手を俺の竿に触れさせると、いやらしい手つきで先っぽを触ってくる。

その後は、パンツの裾から手をいれてきて直接カリ首を刺激するわ、
裏筋もやんわりソフトタッチ。
俺は堪らず、フェラお願いする。

何も言わずに全て脱がされて、ばっくりと咥える。
口を窄めて吸い込みフェラまで!

何処で覚えたのかと・・・

AVみたいな吸い込みフェラや舌で
カリ首を舐めまわしたり、手で球袋もソフトタッチ。
その内手で竿をしごきながら、舌先で
玉袋をコロコロと。

気持ち良過ぎて我慢出来ず、ずっぷりと
挿入。
ヌルヌルで溢れ出てくる愛液が俺の竿に
絡みつく。

気持ちよ過ぎ!いつも以上に吸い付く様に締まってくる!

奥まで突っ込んでグリグリ押し付けると
ハアハア、気持ち良いを連呼。
こんな直ぐに感じまくってるのは珍しい。

一度抜いてゴムつけて再挿入。
覆いかぶさる様にして、深く挿入すると
凄く良い。なんかおかしくなると!

そのままズゴズゴ腰を動かしてピストン運動。
俺の背中に嫁が腕を回して、更に密着。

俺も堪らん。ゴムつけてるのに締め付けが・・・

嫁を抱きかかえて対面座位に移行。
こっちの方が俺には刺激が少なくて
もうちょっと耐えられそう。

ズゴズゴ下から突き上げながら、
乳首も同時攻めすると、またまたよがる。

乳首、クリ交互に攻めながらたまに
ピストンすると頭の中がボーッと
してきて気持ちよ過ぎとの事。

俺も締め付けに我慢出来なくなり、
正常位にして激しくピストンして
ゴム付き中出し。

ふたりともグッタリ。
俺だけいってしまってゴメン嫁。
でも近年稀に見る気持ちよさだった。

  アダルトブログランキングへ
エッチ体験告白 | [2011-10-29(Sat) 18:19:26] | Trackback:(2) | Comments:(0) | [編集]

家庭教師が教え子にエッチ授業

私は女子大生で、アルバイトで中学3年生の男の子(ゆう君)の家庭教師をし
ています。
秋頃の話ですが、膝上10cmぐらいのスカートで行った時、ゆう君がさりげ
なく私の足を見ます。それまでも、なんかいっつも私が足を組んだり、組みか
えると、反応があるので、ちょっとからかってやろうと思って、「ゆう君、ど
うしたの?集中して勉強しなきゃだめじゃない。」と言うと、「えっ、は、は
い。」と、どぎまぎした様子。なんだか、おもしろくって、「何か、気になる
ことでもあるの?」と聞くと、「べ、べつに・・・。」「じゃあ、ちゃんと勉
強しなさい。」と言って、しばらくやってたんだけど、またちらちらっと私の
足を見ています。
「ゆう君!ちゃんと勉強しないなら、帰るわよ。私の足ばかり見て、何?」
と、少しきつく言うと、どきっとしたように、うつむいてしまいました。きっ
とHに興味あるんだと思って、問いつめると、「あの、先生のストッキングの
足がきれいで・・・。先生のパンティストッキングがほしいんです。」と言い
ます。ちょっと拍子抜けしたんだけど、「じゃあ、パンストぐらいなら、今度
買ってきてあげるから。」と言うと、「先生のはいているパンストがいいんで
す。」とせっぱつまったように言うので、その日帰りにはいてきたパンスト
あげました。たぶん、それで何するかは予想できたんだけど、何も聞かずにあ
げて、帰りました。
その次の時、「あのパンストで何したの?」と聞くと、うつむいたままです。
「言わないなら、お母さんに私のパンストをぬすんだって言うわよ。」と言う
と、しぶしぶ「あれから、先生のパンストのにおいをかいで、そして・・・・
」「そして、何?」「はいて、オナニーした・・・。」と言います。やっぱり
予想通り。そこで、「じゃあ、今、そのパンストはいて、オナニーしてみなさ
い。」ときつく言いました。「えっ。」と言いながら、ゆう君はズボンもパン
ツもぬぎ、引き出しから私があげたパンストを出して、はき始めました。もう
おちんちんは固くなっています。ノーパンでパンストをはいたゆう君の股間は
もうはちれそうに大きく、固くなって、パンストにはもうおつゆがにじんでい
ます。「さぁ。オナニーして。」というと、おそるおそる、パンストの上から
おちんちんをさわり、固くなったものをしごき出しました。「はぁ、はぁ・
・。」と声をあげながら、しばらくすると、パンストをおろすと、「うっ。」
と言って、出してしまいました。
それを見た私の股間も熱くなってきましたが、知らん顔で「すけべね。」と言
って「早くきれいにして。」と言って、ティッシュを渡しました。「今日は、
このままパンストをはいて勉強するのよ。」と言うと、ゆう君は逆らえないと
思ったのか、「はい。」と言って、勉強を始めました。
でも、けっこう色っぽく見えて、私もムズムズしてきて、しばらくすると、も
うゆう君のおちんちんが大きくなってるの。私が、「また、すけべなこと考え
てるんでしょ。」と言い、ゆう君のおちんちんをパンストの上からしゃぶって
やりました。「アァ、先生、気持ちいい!」と言うと、2分もしないうちに、
また出してしまいました。「まあ、私があげたパンストをこんなにきたなくし
て!」と怒ると、「ごめんなさい。だって、あんまり気持ちよくって、すぐ出
ちゃったんだ・・・。」と、かわいいの。この日はいてきたパンストを帰りに
あげました。
そして、その次の時、私もノーパンパンストで来ました。ゆう君には、はじめ
から、ノーパンパンストで待っているように言ってあったので、その日は、さ
っそくお互いにパンストの上からなめ合いました。ゆう君はこんなのも初めて
なので、どきどきしながら、もう勢いでせめてきます。でも、こんなのもなか
なか興奮します。
寒くなってきたら、今度は「先生のタイツがほしい。タイツをはいてオナニー
するから、見てほしい。」と、言ってきます。じつはゆう君は、パンスト、タ
イツフェチだったんだとわかり、タイツも私のはいたのをあげています。だか
ら、家庭教師に行くときは、必ず、換えのパンストやタイツを持って行くよう
になりました。
もう、ゆう君のベッドの下、タンスの中には私のパンストやタイツが20足ぐ
らい入っています。家庭教師で行かない日は、そのパンストやタイツをはいて
はオナニーをしているようで、時々、私の前でもやらせます。
こんなことをしながら、少しずつセックスを教えて、今では、もう私の大事な
セックスフレンドです。何でも私の言うようにするので、とっても楽しいで
す。受験勉強より、性教育の家庭教師になっちゃいました。


  アダルトブログランキングへ
家庭教師が教え子とエッチ | [2011-10-15(Sat) 20:12:20] | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

シティホテルの窓際でフェラ

彼女の真美子とお泊まりデートで、初めて高層階のシティホテルに泊まる事にした。
チェックインが20時を過ぎていたので、夜景がとても綺麗だった。

部屋に入るなり真美子の背後から抱きつき、そして振り向かせてキス・・・。
はじめはリップキスだったが、次第に激しいディープキスに。

高層階とは言っても、対面のビルからは部屋は丸見えである。
私らは明かりをつけたまま、抱き合った。

私は真美子の余り豊かではないバストをブラウスの上から愛撫する。
間を置かずしてボタンを外して、ブラのカップの隙間から乳首を指で弄んだ。

そのたびにピクッと反応する真美子。そして熱い息を漏らす。
そのタイミングを見計らって、真美子の手を私の股間に押しつけた。

「・・・やだ、もうこんなに固くなってるの?」
ちょっと意外そうな表情の真美子。

「もう我慢できない。真美子、ここでしゃぶって」
「え、だって、外から丸見えだよ」

更に手の平をモノに押しつけると、撫でるように愛撫してくれた。
そして、しゃがみ込みベルトをゆるめ、ズボンを下げていく。

「・・・やだ、凄く固くなってる。」
ちょっと照れ笑いしながら、パンツの裾から手を入れてきた。

「先っぽ、ヌルヌルしてるよ」

しばらく真美子の小さい手で手コキが続く。私は手コキされながら、
真美子のブラウスとスカート脱がし、下着姿にさせた。

「真美子、もう我慢できないよ。フェラして」
「・・・でも、あっちのビルの人から見られちゃうよ・・・」
「大丈夫だよ。見てないって」

ちょっと不安げな真美子だったが、パンツを下げると舌を伸ばして先っぽを舐めてくれた。

それから火がついたのか、大きく口を開けて亀頭を口に含み、
いつものようにフェラをし始めた。

生暖かくてヌルッとした感覚、亀頭に絡みつく舌が堪らない。
たまに舌先でカリ首を刺激する真美子

「ああ、気持ちいいよ。真美子、そこをもっと舐めて」
つい真美子にお願いしてしまうが、そうすると従順に舐めてくれるのだ。

舌先でこれでもかという程、亀頭を舐め回されると感覚がおかしくなってくる。
「たまらん・・・・もっと激しく・・・」

やがて真美子の口の中にずっぽり私のモノが入り、ジュポジュポとフェラをし始める。
ひざまづいたまま、ジュポジュポと、そしてたまに奥までくわえ込んでジッとする。

「・・もっと動かして、、堪らん」
そうお願いすると、激しくジュポジュポと口を動かし、そうかと思ったら
舌先で裏筋から亀頭をベロベロ舐め回す。

「ああああ、堪らん、マジで気持ちいい。こんなフェラテクどこで覚えたの??」
そう言ってるそばから、裏筋を根元からカリ首まで何度も往復する。

「・・堪らん、もっと激しく。お願い」

そう言うと裏筋攻めから一転、今度は頬をすぼめてディープスロートで攻めてくる。

真美子は私の太ももを両手で掴んだまま、口だけを激しく前後させる。

「だめだ、、、もういっちゃいそう。いっていい??口に出していい??」

そう言った瞬間、真美子の頭を押さえつけ、一気に奥までくわえ込ませ、精液をのど元奥深くに射精した。
このところオナニーもしてなかったので、ドクッドクッと何度も脈を打つ度に精液が出るのを感じる。
かなりの大量精液が真美子の口に注がれたらしい。

真美子は口を押さえていたが、しばらくすると何事もなかったように、またサオを咥え込んできた。

「いや、もう、いいから、、なんか変な感じだよ」
さすがにいった後のお掃除フェラは何とも言えない。

「・・何か今日、沢山出たよ。飲み込むのが大変でした」
と照れながら言う真美子。

「今度は私の事を気持ちよくして・・・」
そう言って真美子は私の手を掴んで、自分のパンティに押しつけた。

私はそっと指をパンティの隙間に入れてみる。
「真美子、、もうぐっしょりだよ。なんかいつも以上に濡れてる」
「・・・だって、あっちの人に見られているかと思ったら恥ずかしくて。。。」

どうやら真美子は隣のビルが気になって、いつも以上にボルテージが上がっていたのだった。

その後、真美子と嵌めまくったのは言うまでもない。


  アダルトブログランキングへ
エッチ体験告白 | [2011-10-05(Wed) 02:12:14] | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

理系の彼女とエッチ告白

ぼくらは、同じ大学の研究室で出会いました。おたがいに20歳をすぎて童貞と処女でした。
つき合いだして半年後、初めてひとつになりました。それから、まだあまり間がありません。

お互いに、たぶん世間で言うと、セックスはへたなんでしょうが、それでも二人ともおたがいのセックスには満足しています。

きのうも、ぼくの部屋で二人で話をしていました。そのうち、彼女が甘えるような目で、ぼくの方に身体を寄せてきました。ぼくは、ぐっと彼女を引き寄せ、唇をふさぎました。

ぎこちなく舌を絡め合うと、「んー。はぁっ。」と彼女の口から声が漏れます。
ぼくも首からうなじへと唇をはわせ、ブラウスを脱がし、ブラジャーの上から胸をもみました。

ブラジャーをはずして、乳首を口に含んで転がすようにすると、そこが性感帯の彼女は「あうっ・・・。ハァ・・・。」と吐息をもらします。

下半身に手をやり、パンストの上からさわってみると、少ししめっています。
ゆっくりさわって、なでてやると、「はぁ、はぁっ・・・あぁぁぁ・・・。」と声が漏れ、パンストの上からさわってみると、もうぐっしょりでした。
指をつっこんで、出し入れすると、もう溢れてきます。

彼女も、ぼくのズポンの上からさわり、「もう、こんなに大きくなってる・・・。」と言うと、
ズボンをおろし、パンツをぬがせ、「もう、こんなにおつゆ出して・・・。」と、
ぼくのペニスに頬を寄せて、キスしてくれます。

まだフェラはうまくないのですが、一生懸命なめたり、くわえたりし、歯が当たったりすると、
「ごめんね、痛くなかった?」と上目遣いに聞き、また一生懸命音を立ててしゃぶってくれます。

ぼくもお返しに、彼女のクリトリスをつまみ、音を立てて吸ってやります。
ぼくもまだまだうまくないのですが、彼女が「んー・・・。あっ、・・・いいよ。感じるよ・・・、もっとして。」
と言ってくれるので、一生けんめいなめたり、すったりします。

こうして、お互いにたっぷり口で愛し合った後、彼女の好きな正常位でやりました。
いろんな体位もしてみるのですが、彼女は正常位が一番いいといいます。
すぐにぼくが果てても、「いいよ。もう一回しよ。」と言って、ぼくのペニスにキスをして、一生けんめい大きくしようとしてくれるので、すぐに固くなってきます。

逆に、たっぷり時間をかけてしてやると、「よかった。」と、恥ずかしそうに、うれしそうに言います。
こんなエッチですが、ぼくたちは、お互いに満足しています。


  アダルトブログランキングへ
彼女とエッチ体験 | [2011-10-03(Mon) 23:48:55] | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

Copyright © 秘密の体験告白 All Rights Reserved. Powered By FC2.
skin:*cuteblog*    まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。